木育による子育て空間

天然のひのきをふんだんに使った家づくりは、木の温もりを通して癒しの空間をつくると共に、家族の絆も育んでいきます。柱につけた背比べのキズや時を重ねるごとに深みを増していく天然素材ならではの風合い、さらに木が醸し出す癒しの香りなど。

そこに子ども目線でのアレンジを加えた空間づくりを行なって、『木育』を通じて、子どもたちの情操教育にも役立つ家づくりを行なっています。子どもたちの空間は子供が主役!私たちもしゃがんで、実際の子ども目線で空間を見ながらプランづくりを一緒に考えさせていただきます。

幼児期の子どもから大人まで、木の温もりに触れて暮らすことは、知的能力や身体的能力の発達に効果的といわれています。私たちサイエンスホームは津店では、天然のひのきをふんだんに使い、木の温もりや癒しを五感で感じられる家づくりを行なっています。

“子どもの頃の背比べをした柱のキズ”、“裸足で走り廻り、足の裏で感じた木の温もり”など、子どもたちの成長と共に家も育っていく、そんな空間づくりをお手伝いしています。

「森の中にいるような部屋での学びの時間」「広い空間を活かした遊具の設置」「子どもたちだけの秘密の空間」など、木の家ならではの子ども目線での“場”づくりも、ご提案させていただきます。子どもたちの笑顔が溢れる家づくりを一緒に考えさせていただきます。

居間から一段高くなった和空間は子どもたちにとっても特別な場所。キッチンのママからも目が届くその空間は、逆に子どもたちからもパパやママが見える安心空間です。そして、皆んなから見られるこの空間は、時には子どもたちのステージに早変わり。

畳の上で“ゴロンと寝っ転がる”と気分は最高!

PAGE TOP